妊活には鉄分や葉酸やビタミンの摂取はサプリメントがおすすめ

貧血で悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。

 

貧血は、怪我や病気等による継続的な出血、生理時の経血、食生活の乱れによる栄養の偏りなどが原因で起こる疾患です。
症状としては、疲れやすく体がだるい、動悸がする、息切れがする、脈が速くなる、めまいや立ちくらみがする、頭痛がする、吐き気がする、食欲がなくなるなどです。

 

貧血は、血液の中の赤血球のヘモグロビンという血色素の数値が低くなっている状態です。
ヘモグロビンには体内に酸素を運ぶという役割がありますが、数値が低下することで酸素の循環がうまくいかなくなり酸欠状態に陥ってしまいます。
それがつらい症状へつながってしまうというメカニズムです。

 

対策としては、ヘモグロビンを増やす必要がありますので、病院で注射や点滴などで鉄剤を投与してもらうのがおすすめです。
注射や点滴は血管に直接働きかけることができるので即効性が期待できます。
あっという間に元気になる人もたくさんいます。

 

そして、日頃の食生活を見直すということも必要です。
ヘモグロビンを増やす効果がある栄養素は、鉄分、葉酸、ビタミンB12、ビタミンCなどです。
積極的に摂取して貧血の改善や予防に努めましょう。

 

食事で摂取することが難しい場合はサプリメントやドリンク剤などで補うのがおすすめです。
葉酸は、ビタミンB群のサプリメントとして配合されていることもあります。
様々なメーカーから様々なタイプのサプリメントが販売されており、ドラッグストアや薬局などで手軽に購入できますので、積極的に取り入れましょう。

 

 

赤ちゃんがほしい!高齢出産でも大丈夫!役立つ妊活情報!